HOME >> 診療Q&Amp;Amp;A[頚・肩]

診療Q&Amp;Amp;A[頚・肩]

「私は47歳の主婦ですが、五十肩ってどんな症状ですか?」(40代女性)

肩の関節は日常動作の中で絶えず動いている場所で、年齢とともに関節の周囲の筋・腱が少しずつ疲労して老化しているのです。そのため、肩の関節の周囲に炎症が起き、肩の上げ下げなどをすると痛みを伴います。正式名称は肩関節周囲炎で、四十代で発症すれば四十肩、五十代で発症すれば五十肩と俗称で呼ばれています。着替えや日常動作に不便を生じることもあります。

発病後間もない時期は、安静にして局所を動かさないようにします。急性期を過ぎると運動療法がいいでしょう。治癒するまでかなりの期間を要しますので、根気よく治療を続ける事が大切です。
また、肩の痛みは、四十肩・五十肩ではなく、特定の病原によって生じている場合もあります。まずは医師の判断を受けるようにしましょう。

「若いときから肩コリがひどく、美容院に行くと、“肩、凝ってますね”と必ずいわれます。マッサージ師にかかっていますが、根本的な治療ってあるのでしょうか?」(40代女性)

肩コリで悩んでいる方、結構来院されています。ひとりひとりで症状は違いますが、ほぼ共通しているのが、机に座って仕事をされる方とか、同じ姿勢で立ったまま仕事をされる方に多いようです。しかも、シャンと背筋が伸びて姿勢が美しい方も、肩コリで悩んでいるようです。

肩コリの原因はいろいろですが、重い頭を同じ角度に維持するため、主に僧帽筋という筋肉で支えているのですが、この筋肉の疲労が肩コリのあの嫌な痛みの原因となっているのです。上半身を起こしている間は、頭だけでなく、両腕も支えているので、なおさら疲労がたまりやすくなる訳です。

肩コリがすると感じたら、両肩を上げ下げしたり、首をゆっくり回したりして、緊張を解放してあげてください。 若い頃から悩まされているということですが、当院のリハビリルームで「肩コリ防止ストレッチ」を指導していますから、一度ご来院ください。

PAGE TOP